Selfmedication Association

東洋の伝統医学からあなたにあったセルフメディケーションを

mailお問合わせはこちらから

o

冬の過ごし方

いつまでも若々しい人の、冬の過ごし方!

女性にとって、冬の過ごし方はとても大事だと言われています。いつまでも女性らしい美しさを保っている人たちはなにをしているのか? その秘訣は冬の過ごし方にあります。ちょっとしたことだけれども、知っているのと知らないのとでは大違い。万病の元だけではなく老化の原因ともなる冷えについて、すぐにできる対策を踏まえて今回はご紹介したいと思います。

寒くなる時期は朝起きるのがとても辛くなります。夏は睡眠時間が少なくても朝すっきり起きられたのに、なぜ冬は辛く感じるのか?これには理由があります。植物や動物を観察すると、その理由がわかります。紅葉の季節が終わると落葉樹は幹だけになり、越冬します。動物たちも冬眠し、できるだけエネルギーを使わないようにして春を待ちます。じつはこの期間、動植物は静かに過ごしながら春に成長するためのエネルギーを少しずつ作り溜めているんです。私たちも同じように冬はエネルギーをあまり消費しないように過ごすことが大事な養生なのですが、冬は残業はお断りします!とは言えない世の中。夏同様に活動し、エネルギーを蓄えるどころか消耗しすぎてしまいます。

このエネルギーのことを東洋漢方医学では「精」といいます。「精」は活動エネルギーだけではなく、身体を成長させ、子供を作るための生殖力にも関わるとても大事なものです。

内臓を5つのグループに分けたものを五臓といいますが、この五臓の中で「精」が関わるのが「腎」。

「腎」とは腎臓の働きだけではなく、生殖や免疫機能も含めたものをいいます。この「腎」は、産まれたときにはまだ未熟で、そして老化とともに機能が衰えていきます。腰、耳、歯、骨、髪、膀胱と関連が深く、「腎」の機能が低下すると腰痛、耳鳴り、骨がもろい、白髪が増える、尿トラブルなどの症状が現れます。さらに不妊症や更年期障害、物忘れなどにもつながります。「腎」の栄養は「精」。つまり「精」が減ると「腎」は機能が低下し、老化が早く進んでしまうのです。

「精」を補い、「腎」を元気にさせることがアンチエイジングやホルモンバランスを整えることにつながることがわかりますね!

「腎」を元気にさせるためには、「腎」が苦手な「寒さ」対策をしっかりすることがとても大事です。

清水 真奈美